ついに我が家へ!

ついに、お迎え当日の2013年5月6日がやってきました。
朝から掃除をして、猫トイレに猫砂をセットし、いざペットショップへ!

簡単な説明の後、隣接の動物病院にて、メディカルチェック。
額におできがあることが分かったのですが、とりあえず様子見でよしとのことでした。
もし、大きくなってくるようなら、はりを刺して、細胞を調べます。
と言われ、ドキドキしましたが、その後、そのおできも自然消滅しました。

その後、ペットショップでいただいたキャリーバッグに、こはくを入れて、タクシーで帰宅。
車中では不安なのか、ずっとか細く鳴いていました。

家に帰ったら、ショップ店員さんのアドバイス通り、最初はカゴから出して、しばらく様子を見守りました。
家の中が、どうなっているのか、探検するんだそうで、その間はそっとしておいてあげた方がいいそうです。
子供達も、こはくの探検が終わるまでは、遊びたい気持ちをじっと我慢(^^)

これまで、こはくが使っていたトイレの猫砂ももらってきました。
新しい猫トイレの砂に、こはくのにおいを混ぜるためです。
猫は決まったところでトイレをするため、最初が肝心!
こうしておくと、大体の子は新しいトイレで用を足してくれるそうです。

こわごわみんなのいる回りを探検していたこはくに、頃合いを見て、ご飯とお水を用意してみました。
カリカリの餌にミルクを混ぜたものと、
カリカリの餌だけのものと並べて置いてみたら、
餌だけのほうを食べてくれました☆
うれしくなって、缶詰も1/4だけあげてみました♪
こちらは、よほど美味しいらしく、一気に完食!

しばらくすると、すたすたと歩き出したので、どうしたのか見ていると、猫トイレに入って、深々と穴を掘り、用を足している様子。
最後に、またしっかり猫砂をかけて、当然と言わんがばかりに、トイレから出てきました!

何を見つけた?


子供達はそんなこはくを待てないので、ゲームをしながら、横目で様子を見ていましたが、こはくから寄っていって、寄り添って眠ってしまいました(^^)


眠る赤ちゃんこはく


夜、どこで寝るのか・・・

子供達は一緒に寝たくて、子供の寝室に連れていきますが、しばらく遊んだら、リビングに帰ってきました(^^;
実は、この習慣、未だに続いていて、寝る前は子供部屋でひと遊びし、子供達が寝静まったら、すたすたっと帰ってきます。
まるで、こはくが子供達を寝かしつけに行ってくれてるようです♪

結局、初日の夜、こはくはどこで眠ったか?
主人の腕枕で眠ったようです(^^)


スポンサーサイト