手術日決定。

こはくは、現在6ヶ月半になりました。

うちに来たばかりのこはくは、2ヶ月の子猫でした。

ブログのプロフィールの画像は、その頃の写真です。


同じようなポーズをしていても、今では、精悍で、男前さん☆

立派に成長してくれました!


精悍なこはく









しかし、最近は、オスとしての行動も見られるようになったため、

家族で相談して、去勢手術をお願いすることにしました。



気が重いなぁと思いながら、動物病院に電話し、

去勢手術の日時を予約しました。

すると、注意や段取りの指示がありました。

全身麻酔のため、ご飯は12時間前まで、水は6時間前までだそうです。

手術の2時間前に連れていって、血液検査等の各種検査後、

お昼過ぎに手術が始まり、当日の夜、お迎えに行くという流れのようです。

費用は、検査込みで3万円以内で収まるだろうとのことでした。



去勢手術の問題は、

ペットを飼われたら、一度は悩むことになる問題ではないかと思います。

私が見た、どの本やサイトでも、

「手術を強くおススメします!」と書いてありました。



私も家族もその方がいいとわかっていても、

同じ命を持つ者を、飼い主の都合で

決断して、手術していいのかと悩みました。



でも、完全室内猫とはいえ、こはくが、

もしも脱走して、よそ様の娘さんとの間に子供が生まれた場合、

もしも2頭目として、我が家で、メスを飼った場合、

などなど、いろいろなケースを考えてみましたが、

やはり、一度に何匹も生まれる子猫を育てきることは

できないだろうという結論に達しました。。

それなら、

こはくの将来の病気のリスクを減らすこともできるということで、

苦渋の決断をしました。


正直、予約した今でも、複雑な気持ちです。


ましてや、何も知らないまま、無心に眠っているこはくを見ていると、

申し訳なくて、痛い目するのもかわいそうで、

本当に、不憫で、切なくなります。


でも、我が家のネコとして、しっかりお世話をして、

少しでも幸せに暮らしてもらいたいとも、強く思うようになりました。


手術まで、あと1週間。

せめて、万全の体調で臨めるように、しっかりケアしようと思います。



無心に眠るこはく





スポンサーサイト