本・絵本

その気になれば…

「飼い主、久しぶりの連日更新です!」
その気になれば
何となくです♪


飼い主、本を読んでいて、

何気なくテーブルの下を覗いたら、

こはく氏、右手で椅子を押さえて、

バランスを取っていました♪
その気になれば



こはくは、我が家にやってきたころから、

左目に目やにが溜まりやすいようです。

ひどくなったら目薬をさします。




「飼い主は本の続きが読みたいと言っています」
その気になれば



阿部智里さんの「八咫烏シリーズ」を読んでいました。

何気なくTwitterを見ていたら、

2012年の第十九回松本清張賞受賞作作品で

作者は最年少20歳での受賞とのこと。


元々、ファンタジー好きなので、

地元の図書館で借りて、読んでみました。

1作目『烏に単は似合わない


ファンタジーだけど、サスペンスと説明されていましたが、
確かに、最後は驚きました。
好みは分かれそうですが、
これまで読んだことのない展開で、面白かったです。


2作目『烏は主を選ばない


1作目を別視点から見た作品です。
面白い切り口だと思います。
私はこの2作目の方が面白かったです。


3作目『黄金の烏


物語の世界観やスケールがどんどん大きくなります。
サスペンス要素もあるので、一気に読了。


4作目『空棺の烏


3作までの流れからいきなり学園モノに?!
謎が謎を呼んで終わるので、次が読みたいです。


5作目『玉依姫


地元の図書館で検索すると…
予約数が100件を超えてました(^^;
待っていたら、いつになるんでしょう?
本屋さんで見つけたら買ってしまうかもw


私が熱心に読んでいるので、
家族も興味を持った模様♪
しかし、第一部の最終話は来年刊行だそうなので、
それが出てから読もうかなぁと言ってました。

その頃には、全作買い揃ってるかもしれませんww




↓ポチっと押していただけると、更新の励みになります↓
にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ   アメリカン・ショートヘア ブログランキング




スポンサーサイト

我が家の猫蔵書

我が家には、比較的たくさんの絵本があります。

ふと、猫の描かれた絵本や本はどのくらいあるのだろうと思い、

数えてみました(^^)/

すると、17冊ありました♪


そんな絵本のご紹介もしてみたいなぁと思って、

昨日、検索してみると・・・

自分の書棚が作れるサイト「ブクログ」さんを発見!!


なんて素敵なアイデアなのだろうと思い、

早速、取り入れさせていただきましたm(__)m


本もさることながら、絵本も素敵な世界がいっぱいです(^^)

思わず笑顔になる本や、ドキドキする本など、いろいろあるので、

随時、我が家の蔵書を登録していこうと思います☆







ところで、今日のこはくさん。

私が、本棚でゴソゴソしていたせいでしょうか。

本棚の隙間に、ネジネジと変な体勢で入り込んで、

脇にあったうちわで遊んでいました(^^;

ネジネジこはく



何だか、お昼寝の体勢もちょっと変…

足マクラ


足をマクラに寝てますねぇ~(^^;